子宮の移植受けたサル、妊娠に成功

2018年5月16日 10:38

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 慶応大などの研究チームが、サルの子宮移植および移植されたサルを妊娠させることに成功したと発表した(毎日新聞日経新聞朝日新聞)。

 カニクイザルから子宮を摘出し、別の子宮に移植。その後別のサルの卵子と精子から作った受精卵を移植して妊娠させることができたという。別のサルから子宮を移植して妊娠させた例は初めてだそうだ。

 なお、人間に対する子宮移植については海外ですでに行われており、今回の研究チームでは人間での子宮移植も検討しているとのこと。ただ、国内では倫理・安全面の観点から人間に対する子宮移植には慎重な姿勢が取られていという。

 スラドのコメントを読む | 医療

 関連ストーリー:
世界初、陰茎と陰嚢の移植手術が行われる 2018年04月26日
中国の研究者がクローン猿誕生に成功。霊長類では世界初 2018年01月30日
中国で遺体を使った「頭部移植手術」が行われたという発表 2017年11月21日
マウスの体内でラットの膵臓を作製することに成功 2010年09月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード妊娠

「自然環境・動植物」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース