コインチェックの流出、犯人らの偽アカウントは社員と半年以上前から交流

2018年5月16日 10:49

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 今年1月、仮想通貨取引所コインチェックから多額の仮想通貨が不正に引き出される事件が発生した(過去記事)。この事件に関連し、犯人グループによるものと思われるSNSアカウントが、同社社員と約半年前から交流を持っていたことが明らかになった(NHK)。

 犯人グループは同社で管理権限を持つユーザーを割り出し、事件発生の約半年前からSNSなどを通じて複数の社員とやり取りを行っていたという。そうして信頼を得た後、ウイルス入りのメールを送信してそれを開かせ、管理権限を奪ったようだ。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | 犯罪 | セキュリティ

 関連ストーリー:
北朝鮮のサイバー攻撃部隊、ターゲットを拡大中 2018年02月27日
仮想通貨取引所コインチェック、不正アクセスによって約580億円相当のNEMが引き出される 2018年01月29日
Microsoft Edge、ソーシャルエンジニアリング型マルウェアの99%をブロックしたとのテスト結果 2016年11月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード仮想通貨コインチェック

「セキュリティ・プライバシー」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース