IBM、リムーバブルストレージへのデータ転送を全従業員に禁止する計画

2018年5月14日 16:33

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

IBMが全世界の従業員に対し、リムーバブルストレージへのデータ転送を禁じるそうだ(The Registerの記事Mashableの記事)。

The Registerが入手した社内向けアドバイザリーによると、一部の部署ではUSBメモリーやSDカードなど、すべての種類のリムーバブルストレージデバイスへのデータ転送を以前から禁止していたという。このポリシーを今後数週間かけ、全世界に拡大する計画とのこと。リムーバブルストレージデバイスの紛失や悪用などによる経済的・社会的ダメージを防ぐことを目的としているが、業務内容によっては支障が出る可能性も認識しているようだ。

その後、パッチを格納したUSBメモリーやブータブルUSBメモリーを現場に持ち込んで作業することも難しくなってしまうといった反対意見を受け、一部で例外を設けることも検討しているとのことだ。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | IBM | ストレージ | 情報漏洩

 関連ストーリー:
堺市、情報漏洩対策としてUSBポートをふさぐ 2016年02月13日
IBM、社内でのSiriの使用を禁止 2012年05月25日
ブラジルのカルト教団、「USBマークはサタンの印」として使用を禁じる 2010年11月18日
職場への「iPod持ち込み」は是か非か 2004年07月07日
IBM USBメモリーキーのウィルス 2002年01月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードIBM

「セキュリティ・プライバシー」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース