「+メッセージ」削除すると既存メール消失、ソフトバンクが注意喚起

2018年5月12日 11:10

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

LARTH曰く、 大手3キャリアによる新メッセージングサービス「+メッセージ」が5月9日より提供開始されたのだが、ソフトバンク端末において問題が発生している(日経xTECH)。

 発生している不具合は、Google Playストアの「+メッセージ」ページでアンインストールをクリックすると、「SoftBankメール」アプリが初期化されてしまうというもの。これによって今まで送受信していたメールがすべて失われてしまうという。

 NTTドコモやKDDIの同アプリでは問題は確認されていないようだ。これを受けてソフトバンクは+メッセージアプリを一時的に配信停止したという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | バグ | 携帯電話 | 携帯通信

 関連ストーリー:
大手携帯キャリア3社、新たなメッセージングサービス「+メッセージ」を発表 2018年04月11日
NTTドコモとau、ソフトバンクがMMSに一斉対応させるとの報道 2018年02月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードソフトバンクNTTドコモKDDIGoogle Play

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース