米アマゾン傘下企業、不審人物を通報しやすくするアプリ公開

2018年5月12日 09:54

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 米Amazon.comが4月にスマートドアホンや屋外セキュリティカメラを手掛ける新興企業「Ring」の買収を完了した。そのRingが、泥棒や不審者対策として「疑わしい活動」を監視・報告しやすくするアプリ「Neighbors」を公開した。

 このアプリは、ドアベル内蔵カメラによって撮影された画像や動画をデバイス所有者と共有する機能を持つ。また、警察に報告するためのプラットフォームにもなり、ここに撮影した画像や動画をアップロードする機能もあるようだ。しかし、過去に存在した同種のプラットフォームでは黒人男性のペアをすべて容疑者として通報するようなトラブルも起きており、システム上の問題も指摘されている。

 Ring社のリリースによれば、アプリのユーザーは、インタラクティブマップを介して近隣の住民やRingチーム、地元の法執行機関がアップロードした最近の犯罪と安全に関する投稿を見ることができるという。隣人が自分の地域で疑わしい行為を発見した場合は、テキストや写真、ビデオを投稿し、地域社会の犯罪を積極的に予防できるとしている(inmanMOTHERBOARDBuzzFeed NewsSlashdot)。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | テクノロジー | プライバシ

 関連ストーリー:
Google Mapsに友人の現在地を表示する機能が実装される 2017年03月30日
万引き犯やクレーマーなどの顔情報が無断で共有されていた事案が明らかに 2014年04月07日
屋外で性行為をしたカップル、監視カメラで捕捉され逮捕。その動画を不適切に共有した職員も逮捕 2012年09月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードセキュリティAmazon

「iOS / android アプリ」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース