福岡のベンチャーが「無料タクシー」を計画 広告収入で運行

2018年5月11日 14:12

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 福岡市のベンチャー企業「nommoc」が広告で収益を得る「無料タクシー」を計画している(河北新報日経新聞)。

 計画されているタクシーは、専用のスマートフォンアプリ経由で呼び出せるというもので利用には会員登録が必要。会員登録時に個人情報を登録し、その情報からタクシー乗車時に車内のディスプレイに広告を表示して広告収益を得るというビジネスモデル。また、利用者の行き先などの情報も広告表示に活用するようだ。まずは2019年3月に福岡市でサービスを開始し、その後東京や大阪への進出も検討しているという。

 スラドのコメントを読む | ビジネス | 広告 | 交通

 関連ストーリー:
集英社、漫画投稿サイトと連動したアプリを公開。広告収入は投稿者に還元 2018年05月08日
Google、サイト閲覧者に対し料金を支払っての広告ブロックという選択肢を提供する仕組みを開始へ 2018年04月20日
約6割のユーザーが動画広告を見て不快に思ったことがある 2017年08月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード福岡市

「自動車・二輪車・部品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース