視線計測デバイス向けのUSB HID規格が標準化

2018年5月8日 10:34

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

アイトラッキング技術最大手のTobiiは2日、アイトラッカー(視線計測デバイス)向けUSBヒューマンインターフェイスデバイス(HID)規格が標準としてUSB.orgに承認されたことを発表した(Official Eye Tracking Blogの記事On MSFTの記事Windows Centralの記事)。

この規格はTobiiがMicrosoftやIntel、EyeTech DSと協力して提案していたもの。標準化されることでアイトラッキングデバイスの幅広い普及や品質の向上が期待される。また、OS標準ドライバーが用意されることで安定性が高まり、さまざまなアプリケーションからの利用が可能となる。プラグ&プレイも実現し、容易に使用できるようになるとのことだ。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア

 関連ストーリー:
Windows 10 Fall Creators Update、一般向けにリリース 2017年10月19日
Facebookが視線トラッキング技術を持つ企業を買収、VRや広告への応用が期待される 2017年01月07日
プレイヤーの視点を追跡して画面上に表示できるデバイスが登場 2015年04月20日
ピザハット、潜在意識を読んでトッピングを決めてくれる新技術をお試し中 2014年12月05日
USB HIDデバイスをBluetooth接続で無線接続化できるアダプタ 2014年11月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsIntel

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース