カセットテープの「オートリバース」機能が失われた技術に

2018年5月6日 18:42

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

hylom 曰く、 オーディオカセットテープを利用可能なカセットデッキやラジカセといった製品は現在も新製品が登場しているが、かつて多くの製品に搭載されていた「オートリバース」機構は「失われた技術」のようになっているそうだ(BCN RETAILの記事)。

オートリバース機構に必要な部材や製造サービスを提供できるサプライヤーがなくなってしまったのが原因だという。もちろんメーカーが独自に技術開発を行えば実現はできるだろうが、そのコストを回収できる見込みもないというのが現実なのだろう。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | テクノロジー | ビジネス | ハードウェア | 音楽

 関連ストーリー:
カセットテープをハイレゾ相当の音質で再生できるというCDラジカセが登場 2018年03月15日
日立マクセルがカセットテープ「UD」を復刻 2016年10月07日
T&E SOFTのテープ版ソフト、「複製防止機能付き」をうたうも実際には何も対策されていなかった 2015年09月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

「テクノロジー・サイエンスの話題」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース