米FTCが違法な製品保証規定で警告の6社 情報公開請求にて判明

2018年5月6日 12:52

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

4月10日に米連邦取引委員会(FTC)が違法な製品保証規定について大手6社に警告したことを発表した際、具体的な社名は挙げられていなかったが、このたびMotherboardの情報公開請求により判明した(Motherboardの記事The Vergeの記事)。

違法性が指摘されたのは保証規定に含まれる保証無効化の条項だ。FTCのプレスリリースで引用されていた条項が任天堂とSCEA、Hyundaiの保証規定に含まれることは確認できていたが、警告が送られたのはこれら3社に加えてASUSとHTC、Microsoftだった。

問題とされる条項は保証要件として純正部品・周辺機器の使用や分解禁止、認定業者での修理などを義務付けるものだ。こういった条項はマグナソン-モス保証法やFTC法に違反する。
警告文で引用された条項によると、違法となるのは以下のような保証要件だ。 ASUS 分解・修理は認定された者のみが行うこと 
 製品に貼られた保証シールを破損・改ざんしないこと 
 HTC 製品に貼られた保証シールを剥離・消去・汚損・改ざん、または読み取り不能な状態にしないこと 
 認められていない改造・接続・分解をしないこと 
 認定された部品を使い、認定された修理業者でのみ修理すること 
 Hyundai 純正部品のみを使用すること 
 Microsoft Microsoft以外の業者で修理しないこと 
 任天堂 任天堂が販売またはライセンスした周辺機器のみを使用すること 
 SCEA SCEAが販売またはライセンスした周辺機器のみを使用すること 
 製品に貼られた保証シールを改ざん・汚損・剥離しないこと FTCの警告文は4月9日付になっており、30日経過後に再度確認を行うとして各社に改善を求めているが、現在のところ各社Webサイトに掲載されている保証規定は以前のままのようだ。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ビジネス | 携帯電話 | ハードウェアハック | アメリカ合衆国 | ハードウェア | スラッシュバック | ゲーム | 政府

 関連ストーリー:
iOS 11.3.1、非純正のディスプレイユニットに交換したiPhone 8で発生していた問題を修正 2018年04月28日
グリーンピース曰く、Appleはリサイクルロボットを作るよりも製品を修理・アップグレード可能にすべき 2018年04月26日
米FTC、指定のパーツやサービスの使用を要件とする保証規定は違法だと大手6社に警告 2018年04月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftASUSHTC任天堂

「テクノロジー・サイエンスの話題」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース