セブンイレブンで口座不要の「現金受取サービス」、5月7日から

2018年5月3日 13:53

小

中

大

印刷

ATM画面遷移イメージ。(画像:セブン銀行発表資料より)

ATM画面遷移イメージ。(画像:セブン銀行発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 セブン銀行とセブン-イレブン・ジャパンは、銀行口座を介することなく企業から個人に宛てた送金をセブン銀行のATMならびにセブンイレブンのレジで受け取ることのできるサービス、「現金受取サービス」を、2018年5月7日より開始すると発表した。

【昨年発表】セブン銀、銀行口座使わず企業から個人へ送金可能な新決済サービス

 働き方の多様化、シェアリングエコノミーの普及、ネット通販の広がりなど、企業から個人への送金機会は増えているという。だが銀行振り込みにせよ何にせよ双方にとって煩瑣になりがちだ。そのようなニーズを受け、このサービスは取扱いを開始するものであるという。企業にとっても、顧客情報の収集・管理などが不要になるため、利便性が高くなるメリットが大きい。

 なお、コンビニエンスストアであるので、原則的には24時間365日、全国2万4,000台を超えるセブン銀行ATMと、2万店を超えるセブンイレブンのレジで受取が可能である。

 さて、具体的にどう利用するのか。まず、企業は電子メールなどで「番号」を支払い相手の個人に送付する。それでいつでも現金の受け取りが可能である。紙幣はATMで、そして硬貨はレジで現金として受け取るか、あるいは電子マネー「nanaco」にチャージしてもらうか、あるいは「セブン-イレブン記念財団」への募金という選択肢もある。

 ちなみにnanacoを利用するとポイント10ポイントが翌月15日に付与される。募金の使われる先は、環境をテーマにした市民活動の支援や自然環境保護・保全活動等である。

 5月から利用を開始する企業としては、イトーヨーカ堂、赤ちゃん本舗、セブンネットショッピング、そごう・西武、オムニ7(セブン&アイ総合通販サイト)などが名を連ねている。利用用途は、オムニ7での返品等に伴う支払であるという。

 また、ウェルネット提携の全国各地のバス会社なども5月から利用を開始する。こちらはバスチケットの払い戻しのためである。(藤沢文太)

関連キーワードセブンイレブンnanacoセブン銀行

「スーパー・コンビニ・百貨店」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース