SUBARU、改良「レヴォーグ」を6月1日発売

2018年4月28日 21:34

小

中

大

印刷

レヴォーグ 1.6GT EyeSight Smart Edition。(画像:SUBARU発表資料より)

レヴォーグ 1.6GT EyeSight Smart Edition。(画像:SUBARU発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 SUBARUは、スポーツワゴン「レヴォーグ」の改良モデルを発表した。6月1日に発売する。

【こちらも】スバル・新型フォレスターは時代遅れなのか?(上) SGP採用の経営技術としての意味

 レヴォーグの登場は2014年4月。“革新スポーツツアラー”をコンセプトに、アイサイトなどの安全機能と、ツーリング性能を高い次元で両立したモデルとなっている。

 また今回の改良に際し、SUBARU60周年特別記念車として、1.6GT EyeSight Smart Editionが追加される。アイサイトセーフティプラスを標準装備、ブラックベゼル付のヘッドランプ、ダークメッキにブラック塗装のフロントグリル、ブラックカラードドアミラー、アルミパッド付スポーツペダルなど特別な内外装装備を追加しつつ、お買い得な価格を実現したという。

 その他全グレードでアイサイトのプリクラッシュブレーキ制御を改良、その認識対象が同一方向に進行する歩行者や自転車である場合に、減速が従来よりも早くかかるようになった。また、低速走行中に前方に障害物がある状態で、誤ってアクセルを踏み込んだと考えられる場合には、プリクラッシュブレーキが作動して衝突回避がアシストされる。

 価格は税込で282万9,600円~405万。ボディカラーは、クリスタルホワイト・パール、アイスシルバー・メタリック、ダークグレー・メタリック、クリスタルブラック・シリカ、ピュアレッド、ストームグレー・メタリック、ラピスブルー・パール、WRブルー・パールなど。WRブルーパールはSTI Sportの専用色である。

 上述以外の改良点は以下の通り。

■安全性能
 ・アイサイトのプリクラッシュブレーキ制御の改良

■エクステリア
 ・メッキドアハンドル(STI Sportのみ)

■インテリア
 ・ピアノブラック調ステアリングベゼル(STI Sportのみ)

【1.6GT EyeSight Smart Editionの特別装備】

■エクステリア
 ・LEDハイ&ロービームランプ(ブラックベゼル)
 ・メッキ加飾付フロントグリル:ダークメッキ+ブラック塗装
 ・ブラックカラードドアミラー

■インテリア
 ・アルミパッド付スポーツペダル

【店頭デビューフェア】
 2018年6月30~7月1日、7~8日

【販売計画】
 月販1,800台(藤沢文太)

関連キーワードスバルレヴォーグアイサイト(EyeSight)

「自動車・バイク新製品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース