ビデオカード8枚を直接マウントできるマイニング向けマザーボード発売

2018年4月25日 10:54

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 仮想通貨の採掘(マイニング)といったGPUリソースを大量に使用する用途向けに、最大8枚のビデオカードを直接マウントできるマザーボード「TB250-BTC D+」が発売された(AKIBA PC Hotline!)。

 BIOSTAR製で、価格は2万1,384円(税込)。ソケットはLGA1151で、対応CPUは第6世代及び第7世代Coreシリーズプロセッサ。8本のPCIe 3.0x16スロットを備えるという珍しい構成のためマザーボードは縦長で、基板サイズや電源は独自規格になっているという。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア

 関連ストーリー:
GPUのマイニング需要が一段落 2018年04月03日
仮想通貨の採掘をバックグラウンドで行うツールを同梱するフリーウェアが登場 2018年03月14日
熊本県の新電力会社・熊本電力が仮想通貨採掘に参入、余剰電力を活用 2018年02月23日
ロシアの核関連施設で働く研究者、施設の設備を使って仮想通貨をマイニングしようとして逮捕される 2018年02月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード仮想通貨

「PC・ハードウェア・周辺機器」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース