フォーサイドが大幅高、仮想通貨マイニング(採掘)の稼働日決定など材料視

2018年4月23日 10:44

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■マイニング設備をカナダの上場企業内に設置し5月11日稼働開始と発表

 フォーサイド<2330>(JQS)は23日、急伸して10時20分に18%高の263円(41円高)まで上げ、JASDAQ銘柄の値上がり率1位となった。20日付で、「仮想通貨マイニング(採掘)稼働開始時期決定」と発表し、5月11日にマイニング設備が稼働するとし、注目されている。

 発表によると、子会社が所有するマイニングマシンを、カナダトロント証券取引所に上場しているDMG Blockchain Solutions Inc.(本社バンクーバー、DMG社)が所有するマイニングファーム施設(特有の亜寒帯及び寒帯に属する地域)に設置が完了し、仮想通貨のマイニング(採掘)の稼働開始時期が決定した。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【業績でみる株価】テモナは安値圏モミ合いから上放れ、18年9月期1Q大幅増益で高進捗、3月31日基準日で株式2分割(2018/02/14)
【注目銘柄】パーソルホールディングスは地合い悪化の影響が一巡して上値試す、18年3月期増収増益・増配予想(2018/02/19)
【相場展望】「木を見て森を見ない」個別株物色を徹底して波乱相場を乗り切り桜満開の春相場へアプローチ(2018/02/15)
【業績でみる株価】MS&Consultingは売られ過ぎ感、18年3月期3Q累計減益だが通期増収増益予想(2018/02/15)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース