デュアルタップは最高益や業務提携など注目され上場来の高値圏で推移

2018年4月17日 13:59

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■第3四半期の決算発表は5月11日を予定しGW明け注目

 デュアルタップ<3469>(JQS)は17日の14時にかけて2059円(68円高)前後で推移し、16日につけた上場来の高値2095円(株式分割など調整後)に近い位置で強い展開になっている。資産価値を重視したクオリティマンションなどを手掛け、3月下旬、ジェイホールディングス<2721>(JQS)グループの株式会社シナジー・コンサルティングとの業務提携を発表。本格的な始動などに注目が集まっているようだ。

 業績は拡大しており、今6月期も連結営業利益や純利益などが3期ぶりに最高を更新する見込み。第3四半期の決算発表は5月11日16時の予定としており、ゴールデンウイーク(GW)明けには好業績に期待する展開が予想されている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【注目銘柄】ロック・フィールドは既存店好調で18年4月期増収増益予想(2018/02/08)
【業績でみる株価】シー・エス・ランバーは売られ過ぎ感、18年11月期2桁増益・増配予想(2018/02/15)
【注目銘柄】スズデンは好業績評価して上値試す、18年3月期増額して大幅増益・増配予想(2018/02/15)
【業績でみる株価】ユナイテッド&コレクティブは18年2月期減益予想だが19年2月期の収益拡大期待(2018/02/16)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース