後場の日経平均は9円高でスタート、マネックスGや任天堂がさえない

2018年4月17日 13:19

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;21844.68;+9.15TOPIX;1732.33;-3.89


[後場寄り付き概況]

 日経平均は若干ながら前引け値を上回って始まったが、その後は下げに転じる場面をみせるなど、前日終値を挟んでの推移が続いている。TOPIXは若干下げ幅を広げてのスタート。

 セクターでは石油石炭、食料品、陸運、小売、鉱業がしっかり。半面、証券、鉄鋼、非鉄金属、銀行、不動産、繊維が小安い。売買代金上位ではファーストリテ<9983>、ソニー<6758>、ファナック<6954>、ルネサス<6723>、日本郵政<6178>がしっかり。一方で、マネックスG<8698>、任天堂<7974>、小野薬品<4528>がさえない。《US》

「東京株式市場」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース