NY為替:トランプ大統領が中国、ロシアによる通貨安誘導を批判

2018年4月17日 06:07

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*06:07JST NY為替:トランプ大統領が中国、ロシアによる通貨安誘導を批判
16日のニューヨーク外為市場でドル・円は、107円39銭まで上昇後、107円04銭まで反落し107円11銭で引けた。予想を上回った米国の3月小売売上高を受けてドル買いが強まったものの、トランプ米大統領がロシアや中国を「通貨切り下げをしている」と非難したことなどから、貿易摩擦懸念が再燃。ドルは伸び悩み、リスク選好的な円売りは後退した。

ユーロ・ドルは、1.2359ドルから1.2395ドルまで上昇し、1.2380ドルで引けた。ユーロ・円は、132円97銭まで上昇後、132円50銭まで反落し、132円61銭で引けた。ポンド・ドルは、1.4298ドルから1.4338ドルまで上昇した。5月利上げ観測などが支援材料となった。ドル・スイスは、0.9608フランから0.9578フランへ下落した。ユーロ高・米ドル安の相場展開に反応したようだ。《MK》

「外国為替」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース