テレビ市場急拡大、4K・8Kテレビの今後と課題は

2018年4月16日 13:54

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

テレビ市場では4Kテレビの低価格化が進み、昨年発売された8Kテレビの効果もあり市場が急拡大。

テレビ市場では4Kテレビの低価格化が進み、昨年発売された8Kテレビの効果もあり市場が急拡大。[写真拡大]

写真の拡大

テレビ市場では4Kテレビの低価格化が進み、昨年発売された8Kテレビの効果もあり市場が急拡大。調査会社によると2020年には国内需要500万台超を予想しているが、問題も見えてくる。

【こちらも】世界初、シャープが8Kモニターを医療活用 従来比16倍の画質で手術補助

 富士キメラ総研の調査によると、需要低迷が続いていた国内テレビ市場が急回復。その理由として4Kテレビの製品数増加と低価格化が大きく寄与、また昨年販売が開始された8Kテレビによる効果も大きいとしている。これに加え総務省が2018年末の4K・8K本放送に向けて昨年NHKおよび民放の10事業社を正式に認定、テレビのCMも流れて消費者の認知度も高まっている。国内需要だが、16年に100万台となった4K・8K対応TV、17年には250万台が見込まれ、20年には500万台を超え。2025年には820万台に達すると見ている。

 今のところ地上波での放送予定はないが、現在のハイビジョン(2K)と画面画素数で比較すると、4Kテレビで4倍、8Kテレビでは16倍にもなり、実際に家電店で見るとそのきめ細かな画像に驚く。また8Kテレビの超高解像度映像では立体的な奥行きを感じるリアリティー向上も見逃せない。この立体感についてNHK放送技術研究所の実験では、高解像度になるほど脳の立体識別感が増す傾向を示している。

 

 画質において十分満足できる4Kテレビは低価格化が進み、購入を考えている人も多いだろう。しかしテレビを買ったものの、12月から始まる4K・8K放送を見ることができない人も出てくるという。それは現在売られている「4Kテレビ」の他に「4K対応テレビ」という4Kチューナー非搭載テレビも販売されているからだ。また、4K放送の電波は現行のBS放送と同じ右旋円偏波(右旋)だが、WOWOWやスカパーの4K放送、そしてNHKのBS 8K放送では左旋円偏波(左旋)のため、専用アンテナ設備(増幅器、分岐・分配機、壁面端子等)が必要となる。

 昨年9月、放送サービス高度化推進協会が行った調査によると、4K・8K放送の受信にチューナーが必要なことを知っている人は10.9%で、4Kテレビ購入者でも知っていた人は4割ほどだったという。この結果を見ても好調な販売を維持するには、総務省などが新聞・テレビ等で周知に努める必要があろう。(編集担当:久保田雄城)

■関連記事
ローム、SiC市場の急成長を睨んだ新棟建設、世界シェア3割目標
冷蔵庫や洗濯機、高くても売れる白物家電の秘密
ネット広告、6年連続で増加
Windows10のシェアがWindows7を突破
男性の家事負担は世界最低水準? 男性の家事参加の現状

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード4K総務省NHKWOWOW8K

「電気機器業」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース