ドコモ、マンホールの中にLTE基地局を設置する実証実験

2018年4月13日 12:29

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 NTTドコモがマンホール内に基地局を設置する実証実験を開始している(PC WatchNTTドコモの発表)。

 タイトルと写真だけを見て、一瞬「何を馬鹿な!」と思ったのですが、専用の浅いマンホールと樹脂製の蓋を使うそうです。

 アンテナは地中10cmの深さに設置されており、サービスエリアは半径90mほど。マンホール内に基地局を設置することで、地上への構造物の設置が難しい環境でも基地局を設置できるという。電力線や通信回線との接続は地中配管経由で行うようだ。

 現在北海道札幌市で検証が開始されており、年内には沖縄県や東京都でも検証を行う予定。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | NTT | 携帯電話

 関連ストーリー:
楽天に携帯電話用の周波数が割り当てられる 2018年04月12日
田舎のブロードバンドやモバイル接続環境を改善するため、英国政府と英国国教会が提携 2018年02月23日
オーストラリアの固定無線基地局タワー、スペアケーブルがオウムにかじられる被害 2017年11月06日
NTTドコモ、無断で遺跡に基地局を建設。孫請け業者が書類を偽造していた 2016年11月29日
ソフトバンク、5月10日よりフェムトセルの申し込み受付を開始 2010年04月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード北海道東京都NTTドコモ沖縄県

「研究・開発」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース