四半期決算が本格化でダウ平均と原油が上昇? サンワード貿易の松永氏(三井智映子)

2018年4月12日 14:35

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:35JST 四半期決算が本格化でダウ平均と原油が上昇? サンワード貿易の松永氏(三井智映子)
皆様こんにちは、フィスコマーケットレポーター三井智映子の「気になるレポート」です。
原油価格上昇の背景には、サウジアラビア高官や中国の習近平国家主席の発言があるようです。

まずサウジアラビア高官の発言について、レポートによると『サウジアラビア・エネルギー相は10日、5月の原油輸出量を12カ月連続で日量700万バレル未満とする計画を発表しました。そして、80ドル近くへの原油価格上昇を望んでいるとも述べました』と伝えています。

次に中国の習近平国家主席の発言については、『10日、自動車を含む一部製品の輸入関税を年内に引き下げる方針を表明しました』とのことで、『習近平国家主席が市場開放へ向けた発言を行ったことを受けて、米中貿易摩擦が沈静化に向かい始めたようです』と分析しています。

10日夜はNY原油だけでなくダウ平均も大きく上昇しましたね。レポートでは今後の値動きについて、『来週から本格化するS&P500種採用企業の1~3月期決算では、企業利益予想が前年同期比18.4%増となっており、リーマンショック後で最高の企業利益見通しとなっております。それにより、四半期決算が本格化すれば、NYダウが「三角保ち合い」から上放れ、となり、それにNY原油も追随する可能性があります』との見解を伝えています。参考にしてみてくださいね。

上記の詳細コメントは、ブログ「松永総研~北浜の虎と呼ばれた男~」の4月11日付の「原油市場」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

三井智映子の「気になるレポート」は各種レポートを三井智映子の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコマーケットレポーター 三井智映子《FA》

「東京株式市場」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース