安全なパスワードの作り方は?英単語の一部を記号に置き換えると危険?

2018年4月11日 15:01

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 日テレNEWS24で「安全なパスワードの作り方」として安全でないパスワードの作り方を紹介していたことが話題になっている

 紹介されていたのは、「アルファベットの代わりに似ている記号や数字を使う」というもの。「情報提供:トレンドマイクロ」となっているが、昨今ではこのような手法を考慮した総当たり攻撃が行われているため、あまり意味はないという。これに対しセキュリティ研究者の高木浩光氏は正しい「安全で覚えやすい」パスワードのつけ方として、「5万語の語彙の辞書(広辞苑など)をランダムに開いて3つの語を選んで繋げる」を提案している。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ

 関連ストーリー:
macOS High Sierraで外部APFS暗号化ボリュームのパスワードが平文でログに記録される問題 2018年03月31日
総務省、「パスワードの定期的な変更は不要」と方針変更 2018年03月27日
再利用や共有、パターンなどが複雑なパスワードを台無しにする 2017年03月14日
統計によるパスワードクラック 2015年04月18日
LinkedIn のパスワード・クラッキングから得られた教訓 2012年06月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードセキュリティトレンドマイクロパスワード

「セキュリティ・プライバシー」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース