政府、中央省庁の全WebサイトでSSL/TLS対応を義務化の方針へ

2018年4月11日 15:18

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 政府・サイバーセキュリティ戦略本部が「政府機関等の情報セキュリティ対策のための統一基準群の見直し」を行い、その一環として政府機関等の全Webサイト及び電子メールについて、通信の暗号化対応を義務付ける方針を明らかにした(資料PDF日経新聞)。

 昨年12月の日経新聞記事によると、中央省庁のWebサイトの8割弱が暗号化(SSL/TLS)に対応していないという。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | 日本 | セキュリティ | 政府

 関連ストーリー:
SSL/TLS証明書再販業者Trustico、メールで顧客の秘密鍵を送りつけて強制的に証明書を失効させる暴挙 2018年03月06日
Mozilla、日本政府の公開鍵基盤(GPKI)について「対応予定なし」というステータスに 2018年03月01日
SymantecがSSL証明書関連事業を売却へ 2017年08月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードセキュリティSSLTLS

「テクノロジー・サイエンスの話題」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース