エンタープライズ環境のWindows 10、ウイルス対策に50%以上がWindows Defender採用

2018年4月11日 15:21

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 エンタープライズ環境におけるWindows 10のウイルス対策ソフトとして過半数がWindows Defenderを採用しているという(Windows Blogs)。

 このブログによると、Windows 7以降のWindows Defenderでは他社のセキュリティソフトと比べて第三者機関のウイルス対策テストで好成績を残しており、性能的には十分なものとなっているという。さらに保守が容易で運用コストも低いと言った理由が多く導入されている理由だそうだ。

 スラドのコメントを読む | Windows

 関連ストーリー:
Microsoft、エラーを誇張して有料版購入を強要するアプリを「望まれないソフトウェア」として削除へ 2018年02月03日
Windows 8以降でEMETやExploit Protectionを使用して必須ASLRを有効にしただけでは適切なランダム化が行われないとの指摘 2017年11月23日
ウイルス対策プログラムの検疫機能を悪用してローカルでの権限昇格を可能にする攻撃 2017年11月15日
マイクロソフトがAVベンダーサポート改善を発表、カスペルスキーは独占禁止法違反の訴えを取り下げへ 2017年08月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードセキュリティWindowsWindows 10Windows 7

「セキュリティ・プライバシー」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース