プレミアムウォーターHDは業務提携を評価し直す様子で大きく出直る

2018年4月11日 13:25

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■エア・ウォーターグループから「水源水事業」を譲受

 プレミアムウォーターホールディングス<2588>(東2)は11日の後場も大きく出直って推移し、13時を過ぎては5%高の905円(45円高)前後で推移。3月下旬、エア・ウォーター<4088>(東1)との業務提携を発表しており、業績の回復に向けた新展開に注目す動きが再燃したとの見方が出ている。

 エア・ウォーターと3月30日付で宅配水サービス事業全般における業務提携を締結し、エア・ウォーターのグループ会社の「水源水事業」をプレミアムウォーターのグループ会社が譲り受けると発表した。これにより、宅配水の製造から配送に至る各過程で緊密な協力関係を築き、販売チャネルの拡大を図るなど、収益基盤の一層の強化と拡大を推進するとした。3月に1025円の年初来高値をつけており、テクニカル的には再び4ケタ(1000円台)を目指す余地が大きいようだ。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【注目銘柄】ポールトゥウィン・ビットクルーホールディングスは高値圏、19年1月期も収益拡大期待(2018/02/18)
【株式評論家の視点】アイ・ケイ・ケイは逆張り指標で買いシグナル点灯、株主優待を狙う(2018/02/16)
【編集長の視点】加賀電子は業績の再上方修正、年間配当の再増配を見直し売られ過ぎ訂正買いが再燃し急反発(2018/02/16)
サインポストは主力のコンサルティング事業が好調、レンジ下限まで押す場面を待つ(2018/02/05)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース