大塚家具が高い、「創業の地・春日部から撤退」と伝わり注目再燃

2018年4月10日 11:10

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■本社ショールームなどに次ぐ大型店とされリストラ進展に期待

 大塚家具<8186>(JQS)は10日、678円(19円高)まで上げた後も堅調で、11時にかけては672円前後で推移。「創業の地・春日部から撤退、大型店を整理縮小」(朝日新聞デジタル2018年4月9日18時08分)などと伝えられ、リストラ進展に対する期待が再燃する形になった。

 報道によると、「春日部ショールーム」(埼玉県春日部市)は店舗面積1万772平方メートルで、東京・有明の本社ショールームなどに次ぐ大型店だという。同市には、創業者で父の大塚勝久氏が2年前、新たに立ち上げた家具会社の旗艦店が駅をはさんだ反対側の商店街の目抜き通りにある。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【業績でみる株価】FCMは18年3月期大幅増収増益・増配予想で再増額の可能性(2018/02/20)
【株式評論家の視点】日本システム技術は第3四半期営業黒字転換、昨年9月の下値圏に届き値ごろ感(2018/02/08)
カチタスはニトリの家具・インテリア付き中古住宅の販売に期待感、2600円どころが下値圏(2018/02/13)
【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース