NEC、日本とグアム・オーストラリアを繋ぐ大容量光海底ケーブルの建設開始

2018年4月6日 05:52

小

中

大

印刷

光海底ケーブル「JGA」のルート図(画像: NECの発表資料より)

光海底ケーブル「JGA」のルート図(画像: NECの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 NECは4日、日本とグアム、オーストラリア間を結ぶ大容量光海底ケーブル「JGA」の建設を開始すると発表。このケーブルの企画、推進はグーグルなどの企業で構成されるコンソーシアムによって行われる。完成は2019年の末頃になる予定だ。

【こちらも】MSとFacebookの大西洋横断海底ケーブル「MAREA」が敷設完了

 JGAには最新の光波長多重伝送方式が採用されており、最大設計伝送容量は毎秒36Tbps。日本の南房総市からグアムを経由してオーストラリアのシドニーまで延びる、総延長距離約9,500kmの光海底ケーブルである。

 さらにJGAはNECが建設に携わる2つの光海底ケーブル「SEA-US」「HK-G」とグアムで接続され、日本及びオーストラリアとアメリカ及びアジア間をつなぐ役割を果たす。増大する通信需要への対応、ネットワークの冗長性確保、信頼性の高い通信の確立に貢献すると見込まれている。

 SEA-USはアメリカ本土と東南アジアを結ぶ、大容量光海底ケーブルだ。フィリピンとインドネシアからグアム、ハワイを介してアメリカに達する総延長約1万5,000kmの光海底ケーブルである。

 毎秒100Gbpsの光波長多重伝送方式に対応しており、最大で毎秒20Tbpsの伝送が可能だ。2015年3月よりNECが建設を進め、現在では既に稼働している。

 またHK-Gは香港とグアムを繋ぐ総延長約3,900kmの光海底ケーブルである。SEA-USと同じく毎秒100Gbpsの光波長多重伝送方式に対応、建設時設計容量としては毎秒48Tbpsの伝送が可能とされる。2019年末に稼働開始となる予定。

 このSEA-US、HK-G、そしてJGAがグアムを中継地点として結ばれることで、太平洋を縦横にはしる広大なケーブル網は完成する。なおそのJGAの建設、運用には海外で通信や放送、郵便事業を行う企業をサポートするJICTの開発支援金やNECキャピタルソリューションなどからのシンジケートローンが活用されている。(小椋恒示)

関連キーワードアメリカグーグルNEC香港オーストラリアフィリピンハワイ

「電気機器業」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース