GPUのマイニング需要が一段落

2018年4月3日 23:57

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 ビットコインなどの仮想通貨人気により、仮想通貨の採掘(マイニング)に使われるGPUの需要が急増、世界的にGPUが品不足になり価格も上昇していたが、このところの仮想通貨の値下がりによってGPU需要が一段落しているという(AKIBA PC Hotline!)。

 仮想通貨によるGPU需要がピークだった1月には購入数制限なども行われていたが、マイニングに関する問い合わせも大分減ったという。また、マイニングを諦めて機器を売却する人も増えたのか、中古GPUの在庫が増え、価格も値下がり気味だという。

 ただ、メモリの供給不足などは相変わらず続いており、製品の入荷量はまだ多くはないとのことで、新品製品の大きく価格が下がることはないようだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ハードウェア | グラフィック | IT

 関連ストーリー:
仮想通貨ブームやメモリ不足でGPUが品薄に、価格も値上がり中 2018年01月23日
ASUSがマイニング向けマザーボードを発売、最大19枚のグラフィックカードを接続可能 2017年12月11日
中国でデータマイニングのアウトソーシングが流行、高級GPUがバカ売れ 2011年08月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード仮想通貨

「PC・ハードウェア・周辺機器」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース