ASUS、インテルの最新CPU「Core X」対応のマザーボード発売

2018年4月1日 18:08

小

中

大

印刷

マザーボード「WS X299 PRO」。(画像: ASUSの発表資料より)

マザーボード「WS X299 PRO」。(画像: ASUSの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 「WS X299 PRO」。

 ASUSは3月30日、インテル社の最新CPUである「Core Xシリーズ」に対応したワークステーション向けのマザーボード「WS X299 PRO」の販売を開始した。価格はオープンとなっている。

【こちらも】ASUS、マイニング向けマザーボード発売 最大19枚のグラフィックカード

 チップセットは「インテルX299チップセット」が採用され、メモリはDDR4(4,133メガヘルツ)に対応している。

●Core Xシリーズ対応マザーボード

 Core Xシリーズは、インテル社のCPUであるCore iシリーズの最新モデルだ。シリーズの中で最もスピードの速い「i9」は18コアというハイスペックとなり、高負荷がかかる音楽編集や動画編集等の業務で活躍しそうなモデルだ。

 同シリーズに対応したWS X299 PROは、コンピューターの速度を必要とする業務やプライベートでのオンラインゲームなどに利用できる。

●WS X299 PROのスペック

 WS X299 PROは「ATX」に対応し、CPUソケットに「LGA2066」を採用。メモリは最大で128ギガバイトまで搭載できDDR4(4,133メガヘルツ)のタイプを8本まで差し込むことが可能だ。

 拡張用のスロットは、「PCIe3.0(x16)」が4本、「PCIe3.0(x4)」が1本となる。インターネットやネットワークの差し込み口は「1000BASE-T」が2箇所搭載されている。パソコン本体やCPUの冷却ファンを調整するための機能「Fan Xpert4」を採用し、熱暴走を防ぐための繊細な温度コントロールを可能としている。「NVIDIA SLI」にも対応し、オンラインゲームなどを4K映像で楽しめる。

 また3種類のチップを搭載し、「PRO Clock」がCPUクロックを処理し、「TurboV Processing Unit(TPU)」がCPUのオーバークロックをコントロールし、「Energy Processing Unit(EPU)」は電力の供給量を調整する。

関連キーワードASUSNVIDIA

「PC・ハードウェア・周辺機器」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース