神戸天然物化学は新規抗がん剤候補に関する特許が注目され後場もストップ高続く

2018年3月30日 15:10

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■大阪大学と共同で創製した阻害剤の特許をライセンスしロイヤリティなど受領へ

 神戸天然物化学<6568>(東マ)は30日、11時過ぎにストップ高の4310円(700円高)で売買されたまま、14時を過ぎてもストップ高買い気配に張り付いている。医薬分野、情報電子分野で用いる機能性を持った化学品及びその中間体の開発支援などを行い、29日付で、新規抗がん剤候補に関する特許のライセンスによりマイルストン及びロイヤリティを受領することになると発表。注目された。

 3月15日に新規上場し、3月20日以来の上場来高値更新となった。発表によると、大阪大学と共同で創製したがん細胞に特異的に発現するアミノ酸トランスポーターLAT1の阻害剤に係わる特許について、ジェイファーマ株式会社(本社:横浜市)との間で再実施許諾権付独占的実施許諾契約を締結し、神戸天然物化学及び大阪大学はジェイファーマより契約一時金、マイルストン及びロイヤリティを受領する。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【業績でみる株価】FCMは18年3月期大幅増収増益・増配予想で再増額の可能性(2018/02/20)
【株式評論家の視点】日本システム技術は第3四半期営業黒字転換、昨年9月の下値圏に届き値ごろ感(2018/02/08)
カチタスはニトリの家具・インテリア付き中古住宅の販売に期待感、2600円どころが下値圏(2018/02/13)
【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース