天然ダイヤモンドとの区別が困難な人工ダイヤモンドが増加中

2018年3月26日 23:31

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、  ダイヤモンドの人工的な合成は以前から行われており、工業用としてはすでに量産されている。いっぽうで最近は宝飾用のダイヤモンドの合成についても技術が進んでおり、人間の鑑定士による鑑別が難しい状況になっているそうだ。そのため、ダイヤモンド採掘・流通・加工大手のデビアスがダイヤモンド鑑定士を養成するための機関を作るという。

 人工ダイヤモンドとはいえ炭素が共有結合した天然のダイヤモンドとの違いはない。鑑定士ですら違いがわからない人工ダイヤモンドを天然ダイヤモンドと区別する理由はあるのだろうか?

 人工ダイヤモンドとしてはジルコニアなどを使った模造ダイヤモンドもあるが、これらはそもそもダイヤモンドと組成が異なり物理的特性も異なるため、比較的容易に鑑定が行えた。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー | ニュース

 関連ストーリー:
「ダイヤモンドの雨」を地球上で再現 2017年08月30日
ナノサイズのチェーン状になったダイヤモンド「Diamond Nanothread」 2015年12月03日
愛媛大学、大型真球ダイヤモンドの作製に成功 2011年10月22日
テキーラから人工ダイヤモンドを生成する試み 2008年11月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

「テクノロジー・サイエンスの話題」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース