ソースネクストは手のひらサイズの通訳機「ポケトーク」など材料視され出直り拡大

2018年3月20日 15:20

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■業績は拡大傾向が続く見込み

 ソースネクスト<4344>(東1)は20日の後場一段と強含み、14時にかけて785円(44円高)まで上げて出直りを強めている。はがき・住所録ソフト「筆まめ」などで知られるが、このところは、手のひらサイズの通訳機「POCKETALK(ポケトーク)」の実証実験が大手商業モールなどで行われ、この3月1日からは、JR東日本(東日本旅客鉄道)<9020>(東1)が首都圏の一部の駅のみどりの窓口、改札口や車内などで行う実証実験に機材を提供し、注目された。

「ポケトーク」は、世界50言語以上で、互いに相手の国の言葉を知らなくても対話ができる先進のIoT通訳機。連結業績は拡大傾向が続く見込みだ。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【業績でみる株価】テモナは安値圏モミ合いから上放れ、18年9月期1Q大幅増益で高進捗、3月31日基準日で株式2分割(2018/02/14)
【注目銘柄】パーソルホールディングスは地合い悪化の影響が一巡して上値試す、18年3月期増収増益・増配予想(2018/02/19)
【相場展望】「木を見て森を見ない」個別株物色を徹底して波乱相場を乗り切り桜満開の春相場へアプローチ(2018/02/15)
【業績でみる株価】MS&Consultingは売られ過ぎ感、18年3月期3Q累計減益だが通期増収増益予想(2018/02/15)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース