アスカネットはVRCと資本業務提携を行うことを決議

2018年3月20日 07:02

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■ASKA3Dプレートと融合することで、3Dデータの空中結像が可能

 アスカネット<2438>(東マ)は19日、VRCと資本業務提携を行うことを決議した。

 VRCは2016年設立で、超高速3Dデータ処理技術をコア技術として、全身高速3Dスキャナーおよび3Dデータ処理システムの開発、製造、販売を行っているベンチャー企業。VRCが開発している3Dスキャナーは、数秒で全身をスキャニングし、2分程度で高精細な立体画像データを生成できる。

 VRCは画像処理や機械学習(ディープラーニング等)に精通したメンバーが揃っており、今回の資金調達により、採寸に特化した廉価なスキャナーの開発や着衣採寸システムの開発を進めていく予定。

 同社は、画像・映像の新しい表現方法の創造を企業ドメインとしており、3Dデータを活用した新しいビジネスの創出が図れ、また、同社のASKA3Dプレートと融合することで、3Dデータの空中結像が可能となるなど、VRCとの提携には大きなメリットがあると捉えている。

 そこで、同社は、平成30年3月30日付(予定)で第三者割当増資にて発行されるVRCの普通株式(増資後の発行済株式総数に対する所有割合13.8%)を999万円で引き受ける予定。

 VRCとの業務提携の内容は、1)3Dスキャナーから取得されたデータ等を活用する新たなビジネスモデルを共同で研究する、2)ASKA3Dプレートと融合した新しい3Dデータの表現を提案し、ASKA3Dプレートの販売を推進していく、3)同社ネットワークを活用し、3Dスキャナーの販売を進めていくとなっている。

 今期30年4月期における同社業績に与える影響は軽微であるが、今後、業績に重要な影響を及ぼすことが明らかになった場合には速やかに公表するとしている。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)
【材料でみる株価】イオレは団体活動を支援するデータカンパニー(2018/02/19)
【業績でみる株価】夢真ホールディングスは17年9月期1Q大幅増収増益、通期予想に上振れ余地(2018/02/13)
【株式評論家の視点】スペースシャワーネットワークは第3四半期業績が年計画を上回り好調、下値圏に届き下げ渋る(2018/02/07)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース