東京為替:ドル・円は安値圏、トランプ政権人事への懸念続く

2018年3月16日 14:16

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:16JST 東京為替:ドル・円は安値圏、トランプ政権人事への懸念続く

 16日午後の東京市場でドル・円は105円80銭台と、本日安値圏でのもみ合いが続いている。引き続きトランプ政権内の相次ぐ重要ポストの交代で、今後の政策運営を不安材料視したドル売り・円買いの流れ。ただ、国内勢の買ドル買いもあり、下げは限定的のようだ。ユーロ・ドルは1.2313ドルまで上げている。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は105円85銭から106円38銭。ユーロ・円は130円29銭から130円92銭、ユーロ・ドルは1.2295ドルから1.2313ドルで推移。《KK》

「外国為替」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース