北首都国道事務所は無人航空機による災害応急対策活動に協力する企業と協定を締結

2018年3月15日 11:35

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

北首都国道事務所では、首都直下地震道路啓開計画に基づき、東京都心23区内の震度6弱以上の地震発生時において、被災状況の早期把握を図るため、無人航空機による災害応急対策活動に協力する企業と協定を締結した。

北首都国道事務所では、首都直下地震道路啓開計画に基づき、東京都心23区内の震度6弱以上の地震発生時において、被災状況の早期把握を図るため、無人航空機による災害応急対策活動に協力する企業と協定を締結した。[写真拡大]

写真の拡大

■東京都心23区内の震度6弱以上の地震発生時において、被災状況の早期把握を図るため

 北首都国道事務所では、首都直下地震道路啓開計画に基づき、東京都心23区内の震度6弱以上の地震発生時において、被災状況の早期把握を図るため、無人航空機による災害応急対策活動に協力する企業と協定を締結した。

 建設技術研究所<9621>(東1)は、その災害応急対策活動に協力する企業として名を連ねている。

 同社の他には、(株)アサノ大成基礎エンジニアリング、アジア航測(株)、(株)アスコ大東、国際航業(株)、埼玉測量設計(株)、富士測地(株)、三井共同建設コンサルタント(株)の7社が挙げられる。

 なお、協定締結式は、3月13日に北首都国道事務所で実施された。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】2018年IPO第1号のMマートは成長可能性を評価して高人気化の事前予想が高まる(2018/02/20)
【業績でみる株価】オロは17年12月期増収増益予想で18年12月期も収益拡大期待(2018/02/09)
【材料でみる株価】クックビズは飲食業界に特化した求人サイト運営や人材紹介を展開(2018/02/20)
【株式評論家の視点】ウェーブロックホールディングスは連続最高益更新見通し、25日移動平均線に届き値ごろ感(2018/02/06)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • イオンスタイル岡山青江のオープンイメージ(イオンリテール発表資料より)
  • 現在発見されている直径1,000km以上の太陽系外縁天体とその衛星。(画像:東京工業大学発表資料より)
  • チーズロコモコバーガー。(画像:日本マクドナルド発表資料より)
  • かねさ減塩味噌仕立ての焼おにぎり。(画像:ローソン発表資料より)
  • スズキ「アルト ラパン X」(画像: スズキの発表資料より)
  • 和民などに導入される竹素材を使ったストロー(写真:和民の発表資料より)
  • 「Atmoph Window 2」(画像: アトモフ株式会社の発表資料より)
  • 「19design」のトップページ。(画像:オラクル構想準備室発表資料より)
  • (c) 水木プロダクション 作画:一智和智
 

広告

ピックアップ 注目ニュース