欧州為替:ドル・円は小じっかり、ECB総裁発言でユーロ売り

2018年3月14日 18:13

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:13JST 欧州為替:ドル・円は小じっかり、ECB総裁発言でユーロ売り

 ドル・円は欧州市場で小じっかりの値動きとなり、一時106円70銭台まで値を戻した。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が講演で「インフレが目標に向け上昇しているとの確証がさらに必要」と出口推進に慎重姿勢を示した。また、「ユーロ高が今後のインフレの重石となる可能性がある」などユーロ高をけん制。ユーロ・ドルが売られ、ドル・円でもドル買いになった。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円54銭から106円72銭。ユーロ・円は131円83銭から132円18銭、ユーロ・ドルは1.2364ドルから1.2401ドルで推移。《KK》

「外国為替」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース