夢真ホールディングスは主力である建築技術者派遣事業の2月の売上高と営業利益を発表

2018年3月14日 09:17

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■2月の成長率は売上高、営業利益共に通期予想を上回るペースで推移

 夢真ホールディングス<2362>(JQS)は8日引け後、主力である建築技術者派遣事業の2月の売上高と営業利益を発表した。

 2月8日に発表された今期18年9月期第1四半期連結業績は、売上高94億11百万円(前年同期比34.5%増)、営業利益12億32百万円(同90.8%増)、経常利益12億04百万円(同66.3%増)、純利益9億57百万円(同125.4%増)と大幅増収増益であったように、事業は好調に推移している

 好業績の牽引役となるのが、主力の建築技術者派遣事業である。さて、2月の建築技術者派遣事業の売上高は、24億62百万円(同30.0%増)、営業利益は4億47百万円(同70.0%増)と大幅増収増益であった。

 建築技術者派遣事業の今期の通期売上予想は、前期比23.9%増、営業利益予想は同46.0%増となっていることから、2月の成長率は売上高、営業利益共に通期予想を上回るペースで推移しているといえる。

 ちなみに、今期18年9月期連結業績予想は、売上高390億円(前期比27.8%増)、営業利益45億円(同90.5%増)、経常利益45億円(同90.5%増)、経常利益45億円(同85.7%増)、純利益29億円(同103.4%増)とこれまでの最高益であった14年9月期の22億46百万円を大幅に上回る見込みである。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
オプティマスグループは中長期的な視点で押し目買い妙味が膨らむ、NZ経済は緩やかな拡大基調(2018/02/18)
【編集長の視点】ブレインパッドは一気に分割権利落ち後高値更新、2Q高利益進捗率業績にAI活用アプリ開発報道がオン(2018/02/14)
【株式評論家の視点】ウィルは2期ぶり最高益更新を見込む、割安感に加え利回り妙味も増す(2018/02/16)
技研ホールディングスは水関連工事に受注期待、割安感あり下押し買い妙味(2018/02/19)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース