『シェイプ・オブ・ウォーター』がオスカー効果で興収10億円も射程圏内に

2018年3月13日 20:48

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

日本時間の3月5日に開催された第90回アカデミー賞で主要部門に輝き現在上映中の『スリー・ビルボード』と『シェイプ・オブ・ウォーター』が、アカデミー賞効果もあって日本での興行収入も加速。写真:『シェイプ・オブ・ウォーター』ポスタービジュアル (C) 2017 Twentieth Century Fox

日本時間の3月5日に開催された第90回アカデミー賞で主要部門に輝き現在上映中の『スリー・ビルボード』と『シェイプ・オブ・ウォーター』が、アカデミー賞効果もあって日本での興行収入も加速。写真:『シェイプ・オブ・ウォーター』ポスタービジュアル (C) 2017 Twentieth Century Fox[写真拡大]

写真の拡大

 日本時間の3月5日に開催された第90回アカデミー賞で主要部門に輝き現在上映中の『スリー・ビルボード』と『シェイプ・オブ・ウォーター』が、アカデミー賞効果もあって日本での興行収入も加速。10億円の大台も射程圏内に入ってきた。

 ・[動画]『シェイプ・オブ・ウォーター』予告編

 両作品はともにFOXサーチライト作品。『シェイプ・オブ・ウォーター』が最多4部門(作品賞、監督賞、作曲賞、美術賞)、『スリー・ビルボード』が主要2部門(主演女優賞、助演男優賞)に輝いている。

 2月1日公開の『スリー・ビルボード』は3月11日時点ですでに興行収入3.5億突破が目前。過去アカデミー賞作品賞を受賞した『ノーカントリー』(3.4億円)、『アルゴ』(3.3億円)、『ムーンライト』(2.7億円)を抜き去り、『それでも夜は明ける』(4.0億円)、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(4.3億円)、『スポットライト 世紀のスクープ』(4.4億円)の成績に迫れるかに注目が集まる。

 3月1日公開の『シェイプ・オブ・ウォーター』は2週間での興収6億突破が確実視されており、2010年度作品賞『英国王のスピーチ』(18.2億)以来のアカデミー作品賞受賞作品の興収10億突破が射程に入ってきた。

 両作品の週末土日2日間(3月10日、11日)、ならびに累計の興行成績は以下の通り。

 『シェイプ・オブ・ウォーター』
■3月10日(土)動員4万2067人/興収5713万8000円
■3月11日(日)動員3万5414人/興収4907万7700円
土日2日間累計:動員7万7481人/興収1億621万5700円(前週比103.7%)
初日からの累計:動員36万8158人/興収4億7219万400円

 『スリー・ビルボード』
■3月10日(土)動員4503人/興収628万2200円
■3月11日(日)動員3070人/興収432万2500円
土日2日間累計:動員7573人/興収1060万4700円(前週比101.1%)
初日からの累計:26万7659人/興収3億4544万8000円

【関連記事】

 [動画]『スリー・ビルボード』予告編
第90回アカデミー賞授賞式を振り返る
アカデミー賞主演女優賞受賞のフランシス・マクドーマンドが女性差別訴える

アカデミー賞作品賞は『シェイプ・オブ・ウォーター』! スピーチで監督が若者にエール贈る

関連キーワードスリー・ビルボードシェイプ・オブ・ウォーター

「映画」の写真ニュース

エンタメの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_news

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース