キーコーヒー:六本木・アマンドに新作!

2018年3月13日 15:23

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

キーコーヒー<2594>(東1)のグループ会社であるアマンド(本社:東京都港区、社長:茂田優)は、新作のチョコレート菓子「アマンドショコラ」を3月に発売した。

キーコーヒー<2594>(東1)のグループ会社であるアマンド(本社:東京都港区、社長:茂田優)は、新作のチョコレート菓子「アマンドショコラ」を3月に発売した。[写真拡大]

写真の拡大

■昭和40年代の味わいを再現~アマンド各店ほか、3月発売!

 キーコーヒー<2594>(東1)のグループ会社であるアマンド(本社:東京都港区、社長:茂田優)は、新作のチョコレート菓子「アマンドショコラ」を3月に発売した。

■「アマンド」は、フランス語でアーモンド!

 店名であり社名となっている「アマンド」は、フランス語でアーモンドを意味し、同社名の由来とされている。

 『アマンドショコラ』は、バターとアーモンドを使用した手作りのタフィーをチョコレートでコーティングし、クラッシュアーモンドを贅沢にまぶしたチョコレート菓子。  ナッツの香ばしさとタフィーの食感がたまらない、どこか懐かしい味わいでコーヒーにぴったりな一品となっている。  アマンド各店とKEY COFFEE通販倶楽部で取り扱っている。

【商品概要】 ・商品名:アマンドショコラ ・規格:8個入(チョコレート4個 ホワイトチョコレート4個)   12個入(チョコレート6個 ホワイトチョコレート6個) 16個入(チョコレート8個 ホワイトチョコレート8個) ・賞味期間:120日

■≪コーヒー鑑定士おすすめのマリアージュ≫

 解説:藤田靖弘(J.C.Q.A全日本コーヒー検定委員会認定コーヒー鑑定士)

◎「アマンドショコラチョコレート」×「ブルーマイスター華やかな香り(HANAKA)」  「なめらかなミルクチョコレートは、このブレンドに配合されているブラジルやマンデリンの口当りや風味と重なります 。トアルコトラジャやエチオピアモカの華やかな香りがアクセントになり、贅沢な時間を演出します 。」

◎「アマンドショコラホワイトチョコレート」×「氷温熟成R珈琲」  「ホワイトチョコレートのコクと甘みが、「氷温熟成R珈琲」の甘い風味ややわらかな口当りにぴったり。やや深く焙煎されたコーヒーの苦みをミルクがやさしく包み、心地よい余韻が楽しめます 。マキアートを思わせるマリアージュが、やすらぎのひとときにおすすめです 。」

【注:アマンド及びKEY COFFEE通販倶楽部のホームページ】

●アマンドHP:

http://www.roppongi-almond.jp/lineup_baked.html#almondchocolat

●KEY COFFEE通販倶楽部:

https://www.key-eshop.com/products/detail3718.html (情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】2018年IPO第1号のMマートは成長可能性を評価して高人気化の事前予想が高まる(2018/02/20)
【業績でみる株価】オロは17年12月期増収増益予想で18年12月期も収益拡大期待(2018/02/09)
【材料でみる株価】クックビズは飲食業界に特化した求人サイト運営や人材紹介を展開(2018/02/20)
【株式評論家の視点】ウェーブロックホールディングスは連続最高益更新見通し、25日移動平均線に届き値ごろ感(2018/02/06)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
 

広告

ピックアップ 注目ニュース