伊豆シャボテンリゾートは「世界ジオパーク」認定への期待強く急伸

2018年3月13日 09:57

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■ユネスコの4月会合で当落判明と伝えられ思惑再燃

 伊豆シャボテンリゾート<6819>(JQS)は13日、再び上値を追って動きを強め、取引開始後に19%高の218円(35円高)まで上げて2015年以来の高値に進んだ。9時40分にかけてはJASDAQ銘柄の値上がり率1位。引き続き、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の「世界ジオパーク」認定に対する期待が株価材料とみられている。

 「世界ジオパーク」は、特異で貴重な地形や地質の存在する地域を自然公園として認定するもので、伊豆半島は4月にユネスコで承認されれば認定が決まると伝えられている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【業績でみる株価】テモナは安値圏モミ合いから上放れ、18年9月期1Q大幅増益で高進捗、3月31日基準日で株式2分割(2018/02/14)
【注目銘柄】パーソルホールディングスは地合い悪化の影響が一巡して上値試す、18年3月期増収増益・増配予想(2018/02/19)
【相場展望】「木を見て森を見ない」個別株物色を徹底して波乱相場を乗り切り桜満開の春相場へアプローチ(2018/02/15)
【業績でみる株価】MS&Consultingは売られ過ぎ感、18年3月期3Q累計減益だが通期増収増益予想(2018/02/15)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告