中国の「天宮1号」、3月末~4月前半に大気圏突入との最新予測

2018年3月13日 00:38

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

KAMUI曰く、 中国が2011年に打ち上げ、2016年に破棄された宇宙ステーション実験機「天宮1号」は2017年後半に地球に落下すると言われていたが(過去記事)、この天宮1号の地球再突入の最新予測が出ている(ニューズウィーク日本版)。

 アメリカのエアロスペース・コーポレーションの予測では4月3日の前後1週間、つまり「3月27日から4月10日」としており、欧州宇宙機関(ESA)の予測では3月29日~4月9日とほぼ一致している。また、残骸の落下範囲は北緯42.7度以南と考えられており、日本でも北海道南部から東北地方では破片などが落下する確率が高いと見られている。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 宇宙 | 中国

 関連ストーリー:
中国の宇宙ステーション実験機「天宮1号」、数ヶ月以内に地球に落下との予想 2017年10月16日
中国の宇宙ステーション「天宮1号」、来年地球に落下予定 2016年09月23日
中国独自の宇宙ステーション計画、完成は2022年頃予定 2014年09月16日
中国、宇宙ステーション実験機「天宮 1 号」への有人ドッキングに成功 2012年06月20日
中国、宇宙ステーション実験機「天宮 1 号」を打ち上げ 2011年09月30日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

「宇宙技術・天体」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース