世界初の全面衝撃吸収iPhoneケース、車で轢いても割れない「IJOY」発売

2018年3月6日 19:34

小

中

大

印刷

公式動画キャプチャ①

公式動画キャプチャ①[写真拡大]

写真の拡大

  • 公式動画キャプチャ②

 モバイル端末用アクセサリーを製造販売するサンクレストが、車で轢いても割れない世界初となる360度全面衝撃吸収のiPhoneケース「IJOY」をリリースした。同社の検証によると、IJOYの耐衝撃性能は、空高く投げて落下しても、橋の上から落としても、車で轢いても割れなかったという。

【こちらも】iPhone X、過去最高に壊れやすいとの評価も

 なぜ車で轢くほどの衝撃を与えても割れないのだろうか。その秘密は素材にある。IJOYにはポリカーボネートという硬い素材と、TPUという柔らかい素材を組み合わせたものを使用している。これにより衝撃に耐えうる耐久力を発揮しているとのこと。

 IJOYは背面保護用のバックパネル、液晶保護用のフロントカバー、液晶を保護する衝撃吸収フィルムの3点により、360度全面からiPhoneを保護する構造。さらに、ただ衝撃を吸収するだけでなく使用感にも拘っている。長時間使用しても手が疲れないようにスリムで軽い設計だ。また、凹凸を可能な限り排除して手に馴染むように工夫がほどこされている。

 ケースの対応端末はiPhone 8/7/6s/6で、ワイヤレス充電器にも対応する。価格は2,315円(税抜)で、背面デザインはインスタ映えも狙えるカラフルさで8種類展開。大手雑貨店・専門店などで販売中だ。なお、iPhone X対応の「IJOY」は4月発売予定。

 丈夫でオシャレなiPhoneケースを探している人はもちろん、仕事でiPhoneを作業場に持ち込む人などにも役立ちそうだ。

関連キーワードiPhoneiPhone 8iPhone X

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース