「バカマツタケ」の人工栽培に成功 奈良県森林技術センター

2018年3月5日 23:08

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 奈良県森林技術センターが、見た目や味などがマツタケに近いマツタケの近縁種「バカマツタケ」の人工栽培に成功したという(奈良県森林技術センターの発表Jタウンネット)。

 バカマツタケはアカマツではなく広葉樹の根元に生えるのが特徴。味や香りがマツタケに近いというが、あまり知られていないという。

 キノコ商品名さえ適当な物にすれば(ブナシメジをホンシメジと称した時代があった)、マツタケの代わりになるのでは?

 スラドのコメントを読む | テクノロジー

 関連ストーリー:
福島のLED方式野菜工場、作れば作るほど赤字 2015年06月17日
使用済み紙おむつを使ってキノコを栽培する実験 2014年09月07日
テラフォーミングの実現性を調べるべく 隕石を砕いた土でアスパラガスを栽培 2014年06月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード奈良県

「自然環境・動植物」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース