大塚HDは増益幅拡大の見込みで投資判断の引き上げも加わり今年の高値

2018年2月22日 10:58

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■JPモルガン証券が「ニュートラル」から「オーバーウェイト」に見直したと伝わる

 大塚ホールディングス<4578>(東1)は22日、再び上値を追い、10時30分にかけては5140円(151円高)前後で推移し、今年の高値を1カ月半ぶりに更新した。今12月期の連結営業利益の見通しを前期比34%増加とするなど、増益幅拡大の見込みが好感されている上、22日は、JPモルガン証券が投資判断を「ニュートラル」から「オーバーウェイト」に引き上げ、目標株価も5000円から6000円に引き上げたと伝えられた。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【2018年の注目テーマを探る】AIやIoTなどの先端技術が主役(2018/01/03)
【新春注目銘柄】ヒビノは隠れたeスポーツ関連株は大型映像システム開拓で底値買いも一考余地(2018/01/03)
【新春相場を占う】2018年の株式市場展望とリスク要因を探る(2018/01/02)
【新春注目銘柄】鳥居薬品は初のスギ花粉症舌下錠の国内製造販売承認取得を見直してシーズン・ストック株人気再燃(2018/01/02)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース