【話題株】キヤノンが21日からスタジアムにいるかのような臨場感を提供する映像空間ソリューションなどを出展し注目集まる

2018年2月21日 12:45

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■近未来のスポーツ番組を一変させる要素を内包すると期待する姿勢が

 キヤノン<7751>(東1)は21日の前場、反発して4003円(50円高)となった。米国発の世界株安が一巡し沈静化する中で、同社株だけは下げた後の戻りが鈍く、4000円前後で上値を抑えられているが、「スタジアムにいるかのような臨場感を提供する映像空間ソリューション」などが注目されている。

 同社は、「第1回スポーツビジネス産業展」(幕張メッセ、2月21日から23日)に、スポーツビジネスに関連する最新映像技術・ソリューションを紹介すると発表している。以下は主な展示内容で、近未来のスポーツ映像として事業化される可能性があるとして注目する様子がある。

(1)スタジアムにいるかのような臨場感を提供する映像空間ソリューション  8Kカメラ1台で撮影した映像に、視聴・撮影環境に合わせた変換を施し、3面に出力する映像空間ソリューションを紹介。視野を覆う3つの大画面に音響が合わさり、まるでスタジアムにいるかのような臨場感を提供する。

(2)新しい視点から競技を観戦できる自由視点映像  キヤノンが開発中の自由視点映像生成システムを用いて制作したサッカーの試合映像を上映。また、タブレット端末を使って操作できるタッチ&トライコーナーも設け、試合を自由な視点から見ることが可能。通常のカメラが入ることのできない視点からの映像は、競技観戦の楽しみ方を広げるほか、チームや選手の強化などへの活用も期待できる。

(3)スポーツ用途での活用を提案する小型多目的モジュールカメラ「MM100-WS」  キヤノンが開発した小型多目的モジュールカメラ「MM100-WS」を参考展示し、競技の審判が装着することで、迫力ある映像をライブ中継するなど、スポーツシーンでの活用法を提案する。

 これらの映像ソリューションは、近未来のスポーツ番組を一変させる革新的な要素を内包するため注目度は高いようだ。株価はいかにも鈍重だが、業績は拡大傾向。戻り相場が本格化する前に仕込むべきと値動きの間合いを測る姿勢もある。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
株は世に連れ、世は株に連れ=犬丸正寛の相場格言(2018/01/01)
【特集】戌(いぬ)年相場は4勝1敗、「戌(いぬ)は笑い、亥(い)固まる」でいい年に(2018/01/01)
【注目銘柄】マルゼンは高値圏モミ合いから上放れ、18年2月期予想は増額の可能性(2017/12/31)
【注目銘柄】アドベンチャーは調整一巡して上値試す、18年6月期大幅増収増益予想(2017/12/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「分析・コラム」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース