積水ハウスは「会長交代、実は解任」などと伝えられ様子見の動き

2018年2月20日 09:19

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■業績自体は最高益を連続更新する見込みで好調

 積水ハウス<1928>(東1)は20日、軟調に始まり、取引開始後に1888.5円(35.5円安)となり、19日までの3日続伸から反落も用となっている。「会長交代、実は『解任』、現会長と対立、損失の責任巡り動議合戦」(2月20日付の日本経済新聞朝刊)と伝えられ、様子見の姿勢が出ているようだ。

 ただ、業績自体は好調で、2018年1月期も連結純利益などが最高益を連続更新する見込み。決算発表は3月8日頃になるようだ。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【2018年の注目テーマを探る】AIやIoTなどの先端技術が主役(2018/01/03)
【新春注目銘柄】ヒビノは隠れたeスポーツ関連株は大型映像システム開拓で底値買いも一考余地(2018/01/03)
【新春相場を占う】2018年の株式市場展望とリスク要因を探る(2018/01/02)
【新春注目銘柄】鳥居薬品は初のスギ花粉症舌下錠の国内製造販売承認取得を見直してシーズン・ストック株人気再燃(2018/01/02)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース