日経平均テクニカル:22000円処が転換レベル

2018年2月15日 18:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:15JST 日経平均テクニカル:22000円処が転換レベル
大幅反発。前日に一時200日線を下回ったこともあり、いったん自律反発の流れとなった。ただし、上値抵抗として意識されている5日線では強弱感が対立しており、一時21500円を回復する局面もみられたが、明確に上放れるまでは行かなかった。ただし、ボリンジャーバンドではバンドが拡大傾向にあるなかで、上値を抑えられていた-2σは上回ってきている。そのため22000円辺りに位置する-1σ処を試す可能性が出てきたとみられる。一目均衡表では同水準に位置する転換線が目先的なターゲットになろう。この水準までリバウンドをみせられると、パラボリックのSAR値にタッチする格好となり、陽転シグナルを発生させてくる。週足では26週線レベルになるため、22000円処が転換レベルといったところであろう。もっとも、明確なボトム形成の確認には同水準を超えてくる必要があるため、200日線をボトムと決めるのは時期尚早であり、52週線レベルまでの調整は覚悟しておく必要もある。《CS》

「東京株式市場」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース