2018年の米金融政策見通し

2018年2月14日 15:02

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:02JST 2018年の米金融政策見通し
 米連邦準備制度理事会(FRB)は3月20日−21日開催の連邦公開市場委員会(FOMC)の会合で、政策金利であるFF(フェデラルファンド)レートの誘導目標水準は現行の1.25%−1.50%から1.50%−1.75%に引き上げる見込み。CMEグループのFedWatchでは2月13日時点で0.25ポイントの利上げ確率を77.5%と算出している。(金利据え置きの確率は22.5%)

 なお、バランスシートの縮小については、米国債や住宅ローン担保証券(MBS)を、月額最大100億ドル減らす従来のペースを維持するとみられる。(減額規模は将来的に毎月500億ドルまで拡大される見込み)

 2018年の金利見通しについては、3回の利上げが計画されている。政策金利(FFレート)は2018年末までに2.00%-2.25%まで上昇すると予測されているが、米FOMCは2018年のインフレ率は上昇すると予想しており、インフレの進展次第では年4回の利上げ実施の可能性もある。《MK》

「注目トピックス」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース