後場に注目すべき3つのポイント~足元こう着もしばらくは波乱含みの展開が警戒される

2018年2月8日 12:31

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*12:31JST 後場に注目すべき3つのポイント~足元こう着もしばらくは波乱含みの展開が警戒される
8日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・日経平均は続伸、足元こう着もしばらくは波乱含みの展開が警戒される
・ドル・円はもみあい、米株安への警戒続く
・値上がり寄与トップはファナック<6954>、同2位はトヨタ自<7203>


■日経平均は続伸、足元こう着もしばらくは波乱含みの展開が警戒される

日経平均は続伸。55.57円高の21700.94円(出来高概算8億2000万株)で前場の取引を終えている。7日の米国市場では長期金利の上昇が嫌気されたが、NYダウは19ドル安と小幅な下落にとどまっており、昨日の時点でNYダウの200ドル安を織り込んでいた流れの中、ショートカバーが先行する格好となった。続伸で始まった日経平均はその後もじりじりと上げ幅を広げており、前場半ばには一時21904.90円まで上げ幅を広げる場面をみせている。しかし、次第に戻り待ちの売り圧力に押される格好となり、前日比ほぼ変わらずの水準まで上げ幅を縮める場面もみられている。

東証1部の騰落銘柄は値上がり数が1300を超えており、全体の6割を占めている。セクターではゴム製品、輸送用機器、ガラス土石、空運、サービス、精密機器、機械がしっかり。一方で、その他製品、非鉄金属、海運、食料品、電力ガス、鉄鋼、水産農林が小安い。指数インパクトの大きいところでは、ファナック<6954>、トヨタ<7203>、ダイキン<6367>、中外薬<4519>が下支え。

日経平均は自律反発の動きをみせているが、戻りの鈍さが意識される。もっとも、決算発表が本格化している中では機関投資家は動けず、結局は先物主導によるインデックス売買に振らされる状況であろう。明日はオプションSQを控えているが、直近の乱高下でポジション調整も一巡しているとみられ、大きなトレンドは出難いだろう。

また、米国は一先ず落ち着いているようだが、足元の乱高下による需給面での歪みが1、2日程度で解消されるとは考えづらく、値動きの荒い展開が続きそうである。また、ボラティリティーの指数を含め指数連動のデリバティブへの投資額が2兆ドルとの試算もある。これの巻き戻しが行われており、しばらくは波乱含みの展開が警戒される。

(株式部長・アナリスト 村瀬智一)


■ドル・円はもみあい、米株安への警戒続く

前日の米株安を受け、ドル・円は朝方の取引で109円半ばから109円10銭台まで弱含んだ。ただ、本日の日経平均株価が前日比100円超高と堅調地合いとなった場面では、値を戻す展開となった。

ランチタイムの日経平均先物はプラス圏を維持しており、目先の日本株高継続が見込まれる。ただ、時間外取引の米株式先物はマイナス圏で推移しており、今晩の米株安への警戒で円買いが再開する可能性はあろう。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円12銭から109円42銭、ユーロ・円は133円87銭から134円31銭、ユーロ・ドルは1.2225ドルから1.2280ドルで推移した。

(為替・債券アナリスト 吉池威)


■後場のチェック銘柄

・手間いらず<2477>やすららネット<3998>がストップ高
※一時ストップ高・安(気配値)を含みます

・値上がり寄与トップはファナック<6954>、同2位はトヨタ自<7203>


■経済指標・要人発言

・スペンサーNZ準備銀総裁
「(NZドルについて)現在の相場に違和感はない」

・ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁
「経済が過熱する兆しやバブルが弾ける兆候は見られない」

・鈴木日銀審議委員
「物価目標に向けモメンタムは維持されている」
「物価目標達成にはなお道半ばの状況」


☆後場の注目スケジュール☆

<国内>
・14:00 鈴木日銀審議委員会見

<海外>
・16:00 独・12月貿易収支(予想:+210億ユーロ、11月:+237億ユーロ)《DM》

「東京株式市場」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース