前日に動いた銘柄 part2:東海カーボン、ファーストリテイリング、プラッツなど

2018年2月6日 07:32

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:32JST 前日に動いた銘柄 part2:東海カーボン、ファーストリテイリング、プラッツなど
銘柄名<コード>⇒5日終値⇒前日比

みらかホールディングス<4544> 4565 -505
第3四半期累計3割減益を嫌気へ。

日本板硝子<5202> 886 -81
通期業績計画据え置きなどで出尽くし感も。

イソライト工業<5358> 1323 -111
決算発表後の出尽くし感などを警戒も。

日本コークス工業<3315> 119 -13
10-12月期の営業利益は前年同期比半減に。

ビジネス・ブレークスルー<2464> 505 -41
第3四半期好決算も出尽くし感が先行へ。

岡村製作所<7994> 1444 -133
5日決算発表を予定しているが。

ソースネクスト<4344> 692 -43
個人投資家のマインド悪化で手仕舞い売り。

ショーケース・ティービー<3909> 1097 -19
25日線割れで手仕舞い売りが加速化。

カチタス<8919> 3310 -140
先週末にかけては一段の上昇となり。

オルトプラス<3672> 973 -92
先週上昇した分の反動も重なる格好で。

東海カーボン<5301> 1511 -117
大幅水準訂正銘柄として換金売りの対象に。

SGホールディングス<9143> 2428 -223
通期上方修正も市場予想には未達で。

カーリットホールディングス<4275> 1214 -61
第3四半期好決算発表も利食い売りのきっかけに。

三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306> 820.8 -24.5
米国株の大幅安など全体地合い悪化でメガバンクも軟調。

ファーストリテイリング<9983> 46540 -2080
1月の月次動向がマイナス視される。

Oak キャピタル<3113> 339 -68
10-12月期の営業赤字を嫌気。

大和自動車交通<9082> 1804 -218
自律反発の動きも地合い悪化で一巡感。

カワタ<6292> 1908 -185
好業績評価で先週に上昇の反動が強まる。

平和紙業<9929> 793 -40
先週後半にかけての急騰で過熱警戒感強まる。

サイバーステップ<3810> 3675 -395
地合い悪化で信用買い方の見切り売りが優勢に。

シンクレイヤ<1724> 792 -119
17年4-12月期大幅増益も上期好調で織り込み済み。

テリロジー<3356> 427 +29
カイカ<2315>との提携強化などを材料視。

グローバルリンク<3486> 9290 -850
直近で不動産テック関連として人気化したが。

セプテーニHD<4293> 438 +32
17年10-12月期決算で業績回復を評価する流れが続く。

SOSEI<4565> 10860 -790
地合い悪や25日線割れで手仕舞い売り。75日線水準での攻防。

ラクオリア創薬<4579> 2804 +11
5日より信用規制解除。朝安後に切り返す。

メドレック<4586> 1706 +106
米臨床試験結果や特許査定で前週末ストップ高。

カーメイト<7297> 1499 -187
17年4-12月期大幅増益も材料出尽くし感。

プラッツ<7813> 4515 +700
17年7-12月期は経常利益2.5倍で着地。

ファイズ<9325> 2910 -270
17年4-12月期大幅増益も事前の期待高く。《DM》

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース