1月の1位は『キングスマン』 配給戦略が奏功し前作上回るヒット

2018年2月1日 16:34

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

1位は『キングスマン/ゴールデン・サークル』。写真:ゆりやんレトリィバァも『キングスマン/ゴールデン・サークル』PRに一役!

1位は『キングスマン/ゴールデン・サークル』。写真:ゆりやんレトリィバァも『キングスマン/ゴールデン・サークル』PRに一役![写真拡大]

写真の拡大

 1位は『キングスマン/ゴールデン・サークル』。1作目のオープニングは週末動員ランキングで6位、最終興収は9億円。一方、本作は2位スタートで興収は14.4億円(1月28日時点)。それぞれ1作目を上回った。アメリカでは1作目が1億2800万ドル、本作が1億ドルなので、日本で健闘しているといえる。

 ・カジュアルもキメキメも格好いい!『キングスマン:ゴールデン・サークル』タロン・エガートン インタビュー

 配給元の20世紀フォックスでは1月5日に公開日を設定。正月興行は『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が本命視されていたことから同作から公開期間を開けるとともに、1月6日〜8日の3連休を生かすために5日から公開。オープニング成績は惜しくも『スター・ウォーズ』に次ぐ僅差の2位となったが、配給戦略が奏功した。またPRイベントにはお笑いタレントのゆりやんレトリィバァやチュートリアルの徳井義実が出席した。

 日本の配給元は1作目がKADOKAWA(角川映画)、本作が20世紀フォックス。1作目の日本での配給権を角川が買い、日本でヒットさせたことで、2作目は20世紀フォックスが買った(アメリカでは2作ともフォックス)。「日本の配給元は1作目がインディペンデント系、2作目がハリウッドメジャー系」というケースがたまにあり、『バイオハザード』『パラノーマル・アクティビティ』が挙げられる。『バイオハザード』は1作目(02年)をアミューズピクチャーズ、2作目以降はソニー・ピクチャーズ。『パラノーマル〜』は1作目(10年)をプレシディオが買い、2作目以降はパラマウントが買った。

 2位は『ジオストーム』。日本語吹き替え版では、上川隆也を主人公ジェイク(ジェラルド・バトラー)、山本耕史をジェイクの弟マックス、ブルゾンちえみをマックスの恋人で、米大統領を警護する女性シークレットサービスのサラに起用。1月9日のジャパンプレミアには3人が出席した。1月16日のトークイベントには気象予報士の森田正光、依田司、人気子役の谷花音が出席。また日本語版主題歌にB'zの新曲「Dinosaur」を使用。洋画ながら日本人俳優・タレントやアーティストの宣伝に活用した。

 3位は『嘘を愛する女』。主演の長澤まさみと高橋一生がバラエティ番組などに出演してPRに務めた。

 なお、東野圭吾原作『新参者』シリーズの完結編『祈りの幕が下りる時』は1月27日から公開され、初日2日間で約2億6500万円。前作『麒麟の翼 劇場版・新参者』(最終興収16.8億円)の約96%の出足となっている。(文:相良智弘/フリーライター)

 [1月公開作ランキング]
1位『キングスマン/ゴールデン・サークル』14.4億円
2位『ジオストーム』6.6億円
3位『嘘を愛する女』4.3億円
(1月28日時点。ムビコレ調べ)

 相良智弘(さがら・ともひろ)
日経BP社、カルチュア・コンビニエンス・クラブを経て、1997年の創刊時より「日経エンタテインメント!」の映画担当に。2010年からフリー。

【関連記事】

 『キングスマン』続編、週末2日間で興収3億円超の大ヒットスタート!
カジュアルもキメキメも格好いい!『キングスマン:ゴールデン・サークル』タロン・エガートン インタビュー
『ジオストーム』が若者引きつけ2週目も好調!興収10億円突破も視野に
『8年越しの花嫁』興収25億突破の大ヒットで御礼舞台挨拶も決定!
[動画]永野が芸風を抑え(?)徹底解説/映画『キングスマン:ゴールデン・サークル』永野特別映像

関連キーワードジャパンプレミアバイオハザードスター・ウォーズ長澤まさみブルゾンちえみ高橋一生嘘を愛する女東野圭吾キングスマン:ゴールデン・サークル谷花音祈りの幕が下りる時ソニー・ピクチャーズジオストーム

「映画」の写真ニュース

エンタメの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_news

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース