LINEショッピング、商品数が3000万アイテムを突破

2018年1月25日 07:10

小

中

大

印刷

「LINEショッピング」の利用者層。(画像: LINEの発表資料より)

「LINEショッピング」の利用者層。(画像: LINEの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 LINEは22日、同社が運営する「LINEショッピング」で取り扱う商品数が3,000万アイテムを超えたと発表した。

【こちらも】LINE LIVE、17年の総配信時間は昨年比19倍に ハート・コメントは6倍以上

 「LINEショッピング」は、2017年6月にスタートしており、半年強での3,000万アイテム達成となる。Yahoo!ショッピングなどからの出店もあり、短期間で大幅に商品数が増加した。

● LINEショッピングで3,000万アイテム達成

 LINEショッピングは、メッセージアプリで有名なLINEが運営するインターネットショッピングサービスだ。スタート時には700万アイテムだった商品数は、現在約4倍の3,000万アイテムとなっている。

 LINEアプリからアクセスすることができ、パソコンや家電、AV機器や楽器、インテリアや家具、ファッション、本や雑誌などの商品を購入することができる。ABCマートなどの有名セレクトショップのオンラインショップや、BOSEなどのオーディオメーカーも商品を販売している。

 購入者(ユーザー)には、「LINEポイント」が付与され決済システム「LINE pay」で利用することも可能だ。

●ショッピングユーザーの属性

 2017年12月15日の時点でユーザー数は1,400万人を突破している。8割近くが女性ユーザーで、25歳から34歳が3割超、35歳から44歳が3割となっている。

 今後、LINEショッピングはユーザーを増加させていき、2018年に流通の合計金額が1,000億円を超えることを目標としている。

● LINEとは?

 LINEは、ソーシャルネットワーキングサービスを提供するインターネット関連企業だ。親会社は韓国のインターネット関連会社「ネイバー」で、2000年に東京で設立された。

 スマートフォンの普及とともに、同社が開発した「LINEアプリ」は爆発的にユーザに支持された。現在、スマートフォンユーザーにとってLINEは日常的なコミュニケーションツールとなっている。

関連キーワードLINELINEショッピング

「iOS / android アプリ」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース